なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 2

綺麗になりたい、そんな女の子の欲望は、全然断捨離できないくらげです。

ちなみにもう結婚していてもいい年なんですが、全然そんな気配がないというのをまずお伝えしたい。

さて、前回の記事でくどくどコスメのミニマム化とそれをするのは結構女性からしたら大変なんだよ、という言い訳がましいことを書いたような気がしている。
そんな流れで今日は下記記事の紹介を。

anond.hatelabo.jp

 

顔面ボーナスという言葉がどのくらい世に広まっているのかはわからないけど、言い得て妙な表現だな、と思う。女性でもわかる(もしくは女だからわかるのか)、とにかく顔のいい女は得をする。
だからやっぱり美容にお金をかけてもいいのかもしれない、もし研究者になりたいとか、そういったやたら時間を必要とする夢が無い限り、とりあえず中身なんかより、見た目を最初にみがいたほうが得をする。異論は認める。

上記の記事は結局、顔面ボーナスで得して努力してこなかった女より、中身がある女のほうがいいというお話だ。だけど、まず美人で無ければ近づこうともされない。美人は色んなヤバイヤツにお近づきになりたいと思われるから(ボーナスにより起こることはいいことばかりではない)そんな皆にニコニコしない。もしそんなことしたら他の女から叩かれる。さらに、本人が仲良くなりたいと思う人と仲良くすれば言い訳で、勝手に話しかけてきた人と仲良くする必要は無い。まぁ、なんだ、ひがみくさい記事だとは思う。だけど、そう考えてしまう理由はわかる。見た目が原因で生まれるコンプレックスは多いだろうから。特に学生時代。私もそうだから。

 

必然か、どうかわからないけど、女性は化粧をする。ある程度は社会に出たら、マナーだとして、化粧をすることを求められることも多かろう。
私は化粧が好きだから問題ないけど、嫌いな人からしたら苦痛でしょうがないともう。
例え仕事を頑張っていても、ウェイウェイ系の営業から「でもあいつブスだからさぁ~」と言われることもあるだろう、そのくらいよく分からない男性もいる。※女性もいる。

私は着ている服や体系や仕草からか(つまり顔じゃない)男性に甘やかされることが多い。じゃあ、私が幸せかと言ったらそうじゃない。多くの場合甘やかされない女性からは、ネチネチ嫌味を言われる。だいたいそういう嫌味の主語は「わたし」ではなく、「常識的にいえば」とか「みんな」だったりする。

ビクトリアシークレットのモデルくらい美人だったら、また違ってとても幸せなのかな?と思ってネットをうろうろしてたら、この動画を見つけた。


【TED】ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて/キャメロン・ラッセル(日本語字幕)

 キャメロン・ラッセルは自身が「遺伝子の宝くじ」に当たったと認めている。
で、得をしているのですが、下記のようなことを語っています。

 

 「私は運が良かったからこんなに得をした」

その一方こう付け足すのは簡単な事ではないのです。

「だからといっていつも幸せなわけではないの」

 

まあ、見た目によって人からの評価は変わるだろうケド、それは幸せを決定付ける絶対的な要因ではないんだろうね。いくつかあるうちの一つにはなりえるかも知れないけれど。

 

と、またクドクド書いてしまった。
結局何を言いたいかというと、まぁ、コスメの紹介しますよっていう。
したいよ、っていう。

今日のアイテムは、眉毛を染めるものです。

眉毛の整え方の一つの方法として、抜いたり、カットしたりではなく染めるやつを。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230909j:plain

 昔は眉マスカラを使って髪の毛の色に合わせた眉の色にしていたんだけど、やっぱり男性(もしくは化粧にこだわりの無い女性)から見ると、眉にマスカラ塗ってるのって不自然らしくて「くらげさんは、眉毛に何か塗ってるの?」と聞かれたことがある。

こちとら髪の毛と眉毛の色を合わせて自然に見えるようにしているのに、それがかえって不自然に見えてたなんて本末転倒である。
それで眉を脱色するアイテムを買って使用し続けてるんだけど、コレがとてもよい。

上の箱のものを使っている。
開くとこんな感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230918j:plain

中身を出す。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230922j:plain

左から説明書と箱/クリーム/粉/クリームと粉を混ぜるための台紙とスパチュラ

結構こじんまりしてる。
クリームと粉を2:1の割合で混ぜ合わす。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230925j:plain

よくまざったら眉毛に乗せて何分か待つ。
私は髪の色によって変えてるけど10分~15分。
(時間が長いほど色が明るくなる)
あとは水に流して終わり、私は大抵お風呂に入る前にやるから、その後洗顔してます。

こうやって眉毛を染めて、便利だな、と思うのが

  1. 眉マスカラを毎朝つけなくてよい(時短)
  2. 眉マスカラをそもそも買わなくてよい(節約)
  3. 眉マスカラより自然
  4. 3Wに1度くらいやればいいので楽

ということ。

自然だし楽だし、眉の色を明るくするだけでグッと垢抜けるのでお勧めします。

 

では、また。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ