読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

今ある服の数を数えてみた

ミニマムライフ

今日、ふと服の数を数えようと思い立った。


理由は簡単で、昨日買い物に行ったときの事。それはもう色んなものが欲しくなってしまった。だけど、ある、服はある。そのうえ減らそうと、友人へ譲ったり、捨てたり、ゾゾタウンの買取にも出している。だけど買い物に行くと欲しくなってしまう。新しい靴は私を、まだ知らないお洒落な世界へ連れて行ってくれそうだったし、素敵なコートは、私のあるかもわからない魅力をグッと引き出してくれそうだった。
昨日は一緒に行った友人がとても「よい買い物」をしていた。個人的になぜ「良い買い物」だと思ったかというと、友人は全く服を買わない。頻度はとても少ない。だからとても高い商品を購入する際、悩むけれど、購入できるのだ。昨日友人が買ったスニーカーはとても高いもので、お洒落が好きな人ならきっと知っているデザイナーズブランドだった。一目で高いものだとわかるけど、デザインは嫌味っぽくなくて、洗練されていて、遊び心があって、とにもかくにもお洒落で、これまたお洒落な友人にとてもよく似合っていた。
「私もこんなお買い物したいな・・・。」
夜、一人でもんもん考えながら床に就いた。

で、今日、服の数を数えてみようと思った。
何枚自分が所持していて、何が足りないと感じているのか数字にしてみればわかるかも知れないし、物欲も収まると思ったから。

以下結果。

半そでT:17
半そでカットソー:4
ノースリーブT:4
ノースリーブカットソー:4
ノースリーブワンピ:6
長袖カットソー:2
長袖T:9
袖ありワンピ:3
ニット:14
スーツ:2
ジャケット:9
コート:3
パンツ:11
スカート:9
カーディガン:3
パーカー:2
-----------------------------------------
計 102個

案外少なかった!

なんかもっとあるのかと思ったけど、なんか嬉しい。
今年に入って4着手放して、さらに8着も手放す予定だから(この分は上の数字からは引いてある)その影響も大きい。

それにしてもジャケット、カーディガン、パーカーのちょっとした気温調整アイテム多いな。
むしろ春、秋とかいう短い季節に着るアイテムの充実の仕方が半端ない。
理由はすぐにわかる。
好きだから。ライダースとか好きだから。お洒落好きすぎて、すぐにこういったアイテムを買ってしまう。


コレでも減った。前は300着ぐらいあった。それでもいつも「今日着て行く服が無い」と思っていた。正しく言うと「着て行きたいと思う服が無い」だったのかも知れない。
お気に入りの服だけ残していこうと思って少しずつ捨てるのを続けてきた。
今日まで多分2年くらいかかっている。
それでも100着近くあるんだから、服を捨てるのが自分にとってとても難しいことなのだなぁと思った。

アイテム別にこうしたいとか、あーしたいとか、そういう気持ちがわいてきた。
良かった。少し物欲が落ち着いた。。。ニット無いな~なんて思ってたけど案外持ってるね。

ということで、服を沢山持っているのに着ていく服が無い人や、やたら吹くが欲しくなってしまう人に、面倒くさいかも知れないけども、服を数えてみるのお勧めしてみます。

 

では、また。

 

 

 

何となくお勧めの本。
部屋を片付けようと思ったら、まず始めに物を捨てたほうが良い。コレ絶対。
ということで下記本を読みました。自分が所有していられる適量を考えるための導入としてはとてもよい本だと思います。

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

 

 

上の本を読んだ後 、下の本を読んでさらに捨てた。
どちらも有名だけども、有名になるだけあって良い本だと思う。
特に女性特有のワンパターンを避けるためのテイスト違いのナゾ服やら、お洒落を演出するためのナゾ雑貨を残す/残さないを判断するのにとても役に立つと思う。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

最後に、服に関してはこちらの本がとてもお勧め。
スタイリストが書いているだけあって、本当のお洒落について考えさせられます。ただ所有する数を減らすのが目標なのではなく、お洒落になる、スタイルをもつ、それが目標なので、とても読んでいて楽しい。個人的にめちゃくちゃお勧めです。

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ