なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

洋服のお手入れ

クリーニングに出していた服が返って来た。

さっさかビニール袋から取り出してしまう・・・その前に、少しお手入れする。
近所の安いお店に出しているから、ぴかぴかになって返ってくるわけじゃない。
白洋社みたいな高級なお店を利用すればいいのだけど、
そんな余裕もないしってことで、自分で手をかけることに。

 

まずはコロコロで細かいホコリを取り除く。
無印のコロコロ、とっても使いやすい。

f:id:nakenashi_kutage:20170602234650j:plain

 

そのあとに毛玉クリーナーで毛玉をとる。
私愛用の毛玉クリーナー。

f:id:nakenashi_kutage:20170602234641j:plain

ブロガーさん周辺で大人気の毛玉クリーナ。
これ、凄くいい。電池式ではなくて電源ケーブル式だから、パワーが落ちたりしなくて、一定のパワーで毛玉取り出来る。しかもパワフル。

 

 

カバーが着いている。

f:id:nakenashi_kutage:20170602234627j:plain

ニットなんかはこのカバーを着けたまま使う。

 

上にダイヤルがついている。この写真だと『低』にセットされてる。

f:id:nakenashi_kutage:20170602235030j:plain

ローゲージニットみたいなフワッフワのものは『高』にして使う。ハイゲージで目がびっしり詰まっているものは『低』でやってる。ウールのマフラーなんかも『低』でやってる。
この毛玉取り、毛玉取る穴が開いている部分がまっ平らなんですよ。
電池式の安いやつなんかは、この面が何でかわからないけどカーブしてて、半球みたくなってて、布との接着面が少ないから、やたら使いにくくて、時間もかかるし、すこしイライラするんだけど、これはまっ平らで、すごく使いやすくて良い。
電源ケーブルタイプってのもあって、大きいストールなんかも、ものすごい速さで毛玉取る作業が終わる。

 

カバーをとって使うこともある。

f:id:nakenashi_kutage:20170602235818j:plain

靴下とか、タイツとかはカバー取らないと上手く毛玉が取れない。
ただ、ちゃんと服を平らにおいて使わないと、かなりの高頻度で穴が開いてしまう。
靴下なんかはでこぼこしてて、どうしても平らにできなくって、むりやり毛玉とろうとすると、高頻度で穴が開く。これでなんどか靴下をだめにした・・・んだけど、どれも結構汚くなっているものだから、寿命だと思って潔く捨ててる。

 

最後にブラシをかけて終わり。
ブラシの記事はこちら。

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

ブラシがけするとやっぱり服が綺麗になる。
夏服はそんなにブラッシングの必要は無さそうだけど、冬服はやっぱりやると綺麗になるな。

服を減らしはじめてから、一着一着を大切に扱うようになった。こうやって手をかけてちゃんと出来るようになってよかったと思う。

昔は沢山持ちすぎていて、管理なんて全然できていなかったなぁ。




ということで、冬服が綺麗になったので、タンスにしまった。
今年の冬に取り出すまで、綺麗なままで眠っていておくれ。

 

 

では。

 

 

私の毛玉取りクリーナーはこちら。

本当にお気に入り。同居人もたいそう気にいって、去年の冬は私よりも使っていた。
毛玉を取るだけでセーターはそうとう綺麗になるので、お勧め。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

理想の自分

f:id:nakenashi_kutage:20170529163640j:plain

やっとこさ、気持ちに折り合いがついて、ずっと手放そうか悩んでいた本を手放すことにした。

簿記検定の本と、色彩検定の本。


簿記検定は、そうだ、ちょうど三年前に勉強していたんだった。
私の事務員デビューは経理事務からだった。決して華やかなものではなかったし、どちらかち言えば地味なものだったし、今思い出しても、あの頃に戻りたいとは思わない。
けれど、事務員として始めて働いた会社であった。
その後営業事務に転職してから、何となく、「昔、経理事務していた経験もあるのだから、せっかくだし、簿記検定でも取るか。」そう思って買った本だった。
やっぱり仕事しながらの勉強はめんどうくさかったから全然やらなかった。それに簿記のこと、全然覚えていない。
何となく勉強をストップしたのだけど、それでも心のどこかで「いつか余裕が出来たらやろう」なんて思って本を捨てれなかった。そうこうしていてもう三年もたった。
どう考えても、きっと本を開くことはもう無い。
だけど、捨てれなかった。意味も無く事務検定を持っている自分に憧れていたのかも知れない。
取ろうっていっても3級だし、実際取ったところで何かあるってモンじゃない。
2級ならまだしも、3級。しかも3級ですら勉強するのがめんどくさいんだ。
わかっていたけども、ずっと捨てれなかった。

色彩検定の本も同じ様な理由で捨てれなかった。
色彩検定は、本を読んで適当に覚えたら3級が取れた。
だから、どうってことも無いんだけど。
だけど嬉しかったから準2級でも取ろうかと思った。
そうして3級と同じシリーズの本を買ったのだった。
かれこれ10年ほど前のことだ。

もうやらないだろう。
わかっちゃ要るけど諦めがつかなかった。
いつかやるかも知れない。色についてロジカルに考えるようになりたい。色彩検定準2級持ってるなんてちょっとカッコいいんじゃないか。
もうそういった、なれもしない自分の幻想に見切りをつけることにした。

 

10年も、なにをやっていたのだろう。

 

本を見るたびに、「やらなくちゃ」なんて自分を責めて、でもなんか言い訳をしてなんだかんだやらなかった。何度か引越しをしたのに、その度に持ち運び、新居ではタンスの奥にしまわれる。
そのくらい捨てずらいものだった。

ミニマリストとか断捨離アンのブログを見ると、こういった、昔やっていて途中で諦めたことの資料だとか、いつかやりたいと思って買った本だとか、そういったものは捨てにくいようだ。
ブログを読んでいる身としては、「それやらないから、はよ捨てな」とか、「それ手元に取っておいても、実際やろうとした頃には、その情報古いから結局買いなおさないといけないよ!」とか偉そうに思うのだけど、自分の身になると、どうも上手く考えられないようだ。

昨日の夜、「明日は本のパトロールでもするか、最近増えてきたな」なんて思って、そしていつものごとく「簿記の本とか色彩検定のほんあるよな」と思い出して、まだ勉強をやっていない自分に少し嫌な気分になった。

そしてすぐ「もうよく分からない自分の理想を捨てたいな」と思った。

そんなに重要でもなんでもない資格を取るための時間は私は作れなかった。
それに私は努力家でも、器用なほうでもなかったんだった。
ずっと前から知っていたくせに、なぜ今回の件には当てはめて考えられなかったのだろう。

 

そのほかにも昔の雑誌とかを探しだしてポイポイ箱に入れて
一部は売ることに、一部は捨てることにした。

 

きっとこんなにも悩んで、やっと売りに出したものだけど、
とても安いんだろうなぁ・・・・・、と思った。

終わり

 

ただ本を捨てる記事で1000文字以上書くなんて、はてなによくいるミニマリストっぽくなってきた。そのうち、聞かれてもいないのに、私の○○が一つしか無い理由、とかそういったタイトルを書きだすのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

ユニクロ アンド ルメール 大好き

最近買った服は、ユニクロ
ユニクロ ユー。

 
2017SSのユニクロ アンド ルメール、大好き。

個人的にテンションが上がりまくった。
結果4着も買ってしまった。
もっと沢山欲しかったけど、ちゃんと考えてセーブした。

 

 

f:id:nakenashi_kutage:20170506223810j:plain

 

素敵過ぎる。
ここで着画を、というタイプでもないので、着たところはアップしないけれど、とても素敵。
海に行く予定があったなら、きっと水着も買っていただろうな。
ユニクロから出しているから、低価格前提。高いものと比べて質とか言い出したらきりが無いよね。だから私はこの値段なら、このシルエットで、この生地感で、全然、もう満足してる。

お気に入りのユニクロ アンド ルメールの服を着て、国立東京美術館のマルセル・ブロイヤーの家具展を見に行ってきた。
こじんまりとした展示だったけど、良かった。
国立東京美術館に初めて行ったけど、ここの建物自体もとてもよかった。

 最近こういった少し小さめの美術館へ行くんだけど、海外の方がとても沢山いる。
上野や六本木は日本人の年配の方が多いのだけど、何でだろう。
美術館の前にあるちょっとした庭で海外の方が寝そべってたべっていたのだけど、なんだか開放感があってよかったなぁ。

そのあと奮発して友人とタクシーに乗って銀座へ。
G S I Xへ行ってきた。ほとんど冷やかしの気分だったけど、友人はエヌハリで買い物してた。
あんまり混んでなかった、あとサンローランとかも人が沢山いて、いつもは人がいなさ過ぎて見れないんだけど、今回は見れて良かったかな。

  

 

 

あと少しでGWも終わりだけど、みなさん素敵なお休みをお過ごし下さい。

 

おわり。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

服をいくつか売りに出す

f:id:nakenashi_kutage:20170505221350j:plain

 

少しずつ、暖かくなってきた。
汗ばむ季節がもうすぐ側に。

冬の寒さって何なの、幻なの?というくらい暖かくなってきましたね。

ミニマリストみたく服を管理してみたい。
だけども服は一向に減らない。
多分これ以上減らしたら、お洒落がつまらなくなってしまいそうだから、もう数にとらわれるのは止めよう、なんていつものごとく言い訳して、特段服は減らしていない。

厳密に言うと買ったり捨てたりしている。

先日、査定を申し込むと楽天ポイントが1000ポイントもらえるという期間限定のサービスをブランディアで発見した。私の服で、売って、買取価格が1000円になるものなんてほとんど無い。それなのに、申し込むだけで1000ポイントもらえるなら、是非査定をお願いしよう、そう思って申し込んだ。

査定キットが届いてから、衣替えをかねてクローゼットを漁った。
「ZOZOTOWNでは買取不可だったブランドが、ブランディアでは買取できるのか」、それならあれもこれも、と追加した。
1点くらいしか売る予定のものは無かったけど、6点まで増やした。
お姉さんブランドというか、OL御用達ブランドで、元値はソコソコ高い。
ニットなんて定価は2万円以上のもの。

これはまとめて1000円くらいにはなるかなぁ、なんて期待して査定に出した。

 

結果69円

 

 6点まとめて69円。
定価は恐らく総額10万超えだろう。
もちろん私は定価で買ってない、セールで買っているから、購入価格はこの半額以下だろう。
それでも69円ってことあるだろうか。

震える・・・!

こんなことってある?

ありまぁーす。なけなしのくらげの世界で、現実にありまぁーす。

ZOZOTOWNでなんども売っているから、買取価格の低さは覚悟していた。
ZOZOTOWNで買取してくれないブランドだけれども、そのブランドを売ったけども、こんなことってある・・・?!

 

 とまぁ、こんな感じなんですが、もう要らないなと思って箱に詰めた服だから、そのまま買取をお願いした。

後日通帳に刻まれる、69円の振込み。

あれは見間違いじゃなかった。

 

こういった経験を乗り越えて、少しずつ賢くなっていくのだろう。
勉強代として(それにしても今までの人生で考えたら凄い金額になっているけど)払ったことにしよう。 

 

終わり。

 

※メルカリなんかで売ればもっと金額はついただろうケド、面倒くさくて断念してしまった。
やっぱり個人間のやり取り慣れていないし、不安に思ってからだったけど、少しでもおこづかい稼ぎがしたい人はメルカリやヤフオクがいいよね。

※個人的な印象だけど、ZOZOTOWNは若い子がターゲットだから、そういったブランドはそれなりの値段がつく。私の売る服は買取価格20円なんかもざらにあるけど。ブランディアはお姉さんブランドというか、高価なもの(ガッツリブランド)とかは結構高めに設定してくれる。後日、また査定を申し込むと、追加で楽天ポイントが1000ポイントもらえるというイベントがあったのでAcneの少し傷んだスカートを売ったら買い取り価格は2700円だった。
2700円にもなった・・!と喜んだけど、一体これもいくらつぎ込んだことか。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

軽くて良い感じのポーチを買った

数日前に予定があって外苑前にいってきた。
外苑前に用事があるって、なんかお洒落だけど、たいした用事じゃない。
まあ、それは良いとして、用事が終わった後にふらふらしていたら一緒に行った友人が、なんとなくあそこに入りたい、という。

初めて見るお店だった。
ここである。

www.goldwin.co.jp

ここがまぁ、アウトドアグッツ売っていて、お洒落なヤツだけなんだけど、それがお洒落だった。
あぁ。。。知らないうちに沢山のお洒落なモノが。。。。

最近本当にお洒落なもの増えたなぁ、私が若い頃にこうだったら良かったのに、なんて、今の若い子たちが純粋に羨ましい。

さてさて、そこでお買い物してきたので、今日はその紹介を。

f:id:nakenashi_kutage:20170423225247j:plain

ショッパーもかわいいんですよ。

で、中身はこちら。

f:id:nakenashi_kutage:20170423225317j:plain

 

ポーチです。超軽い。白と黒の。
ちなみにアウトドアグッツなんで、ファスナー防水なんす。
必要かどうかわからないけど(笑)。

f:id:nakenashi_kutage:20170423225335j:plain

 

 

あと、全然アウトドア関係ないんだけど、スペインのミネラルウォーター買ってきた。
完全にパケに惹かれて買った。ミネラルウォーターなんてどこでも買えるもんね。

f:id:nakenashi_kutage:20170423225455j:plain

何に使う予定なのかっていうと・・・。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170423225559j:plain

春になったんで、サボテンの水耕栽培もう一つ増やそうかと思っている。
後ろのサボテン、上手く育ってくれている。水耕栽培で2年目に入っていて、もうすぐ3年になる。

まだ、中に水が入ったまま冷蔵庫に入れているけど、時間があるときに作ろう~

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 6

マスカラは一つだけ。

部分使いで使い分けてる人とか、下地とかつけてる人まじで尊敬する。
もう正直朝時間無さ過ぎて、ほんと無理。たまにマスカラ付けずに出かけたりするからね。

 

睫毛はセルフのまつげパーマでくるんと、巻いているから、マスカラつけなくてもいいやって、急いでいる朝は、そう思ってサボったりする。

まつげパーマ、本当にお勧めしたい、本当に楽チン。
こちらの過去記事からどうぞ

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

そんでキャンメイクのマスカラ使っていやす。

f:id:nakenashi_kutage:20170401130914j:plain

 

マスカラで重視しているのは、お湯で落とせるかどうか。
カールのキープ力は気にしなくていいから(パーマかけてるからね)、それに最近のコスメは優秀で、何を使っても結構簿ボリュームでるから、もうなんか何だって良い。

それで今は安いって理由で、キャンメイク使ってます。

結構ボリュームもでるし、綺麗な艶だし、お湯で落とせるし、この値段のことを考えたら、良い商品だなぁって思っている。

 

このスーパーピンクの入物が、なんか、まぁ、サンローランとかディオールとかとは比べたら、まぁ、あれだけれども、そこは安いし、性能的には満足しているし、まぁ、何だ、気にしないでいこう。

 

 

ということで、みじかいけども、本日はここまで。

 

 こちらと同じ商品。やっすい、700円しない。
ちょうど楽天でお買い物マラソン始まってるんで、良かったら他の商品と同梱して買ったりしてみておくれ。わりかしどのショップさんでも取り扱いあります。

 

 

 

お勧めの折りたたみ傘の記事。
マラソンに乗じて買ってもいいんじゃないか、と思うくらいお勧め。
お気に入り、毎日バックにいれて持ち歩いているので、朝、天気予報をチェックして悩む時間が減った。

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

コスメ関連の過去記事はこちら。

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

 

では。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

常備菜のすすめ

美味しいご飯はいつだって正義。


料理はいつも幸せに満ちてない?

 

トントン野菜を切る音や、コトコトなるお鍋の音、お肉を焼く匂い、どれもコレもとっても幸せだったりする、私にとって。お休みの朝、ノンビリ起きると、同居人が冷凍してあるご飯を解凍して、お湯を沸かしてくれる。それでお茶漬けを作ってくれる、凄く幸せ。音も匂いも、同居人のちょっとした優しさも、もう全部が幸せ。

 

料理はとにかく、幸せ、やってもらう分には。
料理するのちょっとだけ好きだけど、仕事から疲れて帰ってくると、料理なんて作りたくない時が多々ある。まず献立を考えるのが面倒くさい。昨日は中華だったから今日は和食にしようかなぁ?さばの味噌煮込みとか?いや、この時間から煮込むのはなぁ。。。じゃあ、味噌味の炒め物にしようかな?メインをそうするなら副菜はさっぱりしたものの方がいいかな、野菜多目の物にしようか、なんて。
もう私は給食のおばちゃんか。児童が食べきってくれて、さらに栄養満点の献立を考える給食のおばちゃんか。

今の同居人と暮らして良かったことがある。

まず、同居人は、食材が余ったから昨日と同じものを今日も作る、ということに抵抗がない。
また、主食と副菜の味がかぶっても文句を言わず、むしろありがたがって食べてくれる。
副菜を作るのがめんどくさいとき、野菜にオリーブオイルと塩をかけたものでも喜んで食べてくれる。ドレッシングをかけたサラダでも、美味しいといって食べてくれる。

 

 

前の同居人はそういったことが無くて、本当に大変だった。


付き合っていて、結婚するのでは、と思っていたけども、別れてよかった。
彼は家事は女の仕事だと思っていて、私の家事にやたら文句を言ってきた。不器用な人だから、コミュニケーションの入り口が、それしか思いつかなかったのかもしれない。冗談っぽく、毎日、毎回、何をやっても笑われて、彼自身は何も家事をしないのだけど、彼の友人に「オレの彼女、何にも家事できなくてさ~、掃除の拭き残しとかすっげぇあるんだよ~笑」みたいのが不快だった。
私もフルタイムで働いていて、帰りも彼より遅いときがあったのに、彼は何も家事をしなかった。
その上、食材のお金を全く渡してくれなかった、これにはむかついて、怒ったけど、それで彼が私に食費として渡すのは月1万が妥当だと思ったらしい。

「そんなに完璧にやらなくてもいいから、このくらいが妥当でしょ?」

副菜が、汁物がないと文句を言うくせに、彼好みのお酒を買っておかないと気が利かないな~笑なんて言うくせに、この私の前に座っている人は何を言っているんだろう、素直にそう思って、家を出た。

それで、ちょうど同居人を探していた、現在の友人の家に転がり込んだ。

 

そしたらものすごく楽になった。生活が楽になって、料理もだんだん楽しくなってきた。
同居人は何を作っても美味しいといって食べてくれる。同居人はいつも帰りが遅いから、料理が作られてること自体をとっても喜んでくれる。

私は通年お金がないから、自炊を心がけている。
それで今、同居人も喜んでいるから、出来るだけ料理を作りたいと思っているけども、やっぱり、どうしても作りたくないときがある。

 

それで常備菜を作り始めた。

本当に楽。毎回毎回、一回分のお浸しとか、金平ゴボウとか作るのってやっぱりめんどくさい。まとめて、2~3日分の副菜を作っとく。それで少しずつ、お弁当に詰めたり、晩御飯の時に出したりして消費する。楽。作るときも、コレを何回かに分けて食べるから、その度に美味しいと思えるものにしようと思えて、丁寧になるし、明日もこうやって副菜作らなきゃいけないんだ。。。っていうストレスから開放される。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170326133559j:plain

 昨日の夜、沢山ポテトサラダを作った。今まではポテトにヨーグルトを入れるレシピで作っていたのだけど、今回はお酢を入れるバージョンで作ってみた。冷蔵庫にブロッコリーがあったからオリジナルで入れたけど、入れないほうが良かったかな?

このほかにも人参の酢和えみたいのも作った。

これで今週も余裕のある生活が出来そう。

 

ちゃんと生活ってのを出来るようになってきた。
常備菜と、それを許容してくれる友人のおかげだな、なんて思って、常備菜のすすめでした。

 

 

では。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ