なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

REDECKER の洋服ブラシを買いました。

ミニマリストになりたい、そう思っているけど、洋服ブラシを買った。


だけども、ほら、洋服ブラシを使って数少ない洋服の手入れをしてます、なんて、ミニマリストっぽくないだろうか。私はまだまだ沢山の洋服に囲まれているけど。ブラシ使ってるなんて、なんか丁寧な暮らししてるんじゃないかって、シンプルライフしているみたいでいいじゃないか。

と、色々書いてみたけど、実はもうずっと前から欲しかった洋服ブラシ。
買おうと思うたびにネットで調べていたけれど、種類が沢山ありすぎて、値段もそれはマチマチで、踏ん切りがつかなかった。
そんなことをしている間に、お気に入りのニットやコートが少しずつ劣化していくから、もう我慢できずに最近買った。
だから今日は洋服ブラシの紹介と、実際に使ってみた感じを書こうと思う。

 

買ったのはレデッカーのブラシ

f:id:nakenashi_kutage:20170215203740j:plain

このごちゃついた場所は玄関に取り付けられてるシュークローゼットの上。

チューリップは前回の記事に書いたものと一緒に買ってきたもの。
いい色してます。

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

毛は柔らかくて、いろんな生地に使えそうな馬毛。
馬毛と一くくりにしても、どの場所の毛を使うかで堅さがだいぶ変わるようだから、現物を見ないで物を買うのは不安だったけど、レビューをみて柔らかそうだということで思い切って購入。

f:id:nakenashi_kutage:20170215204236j:plain

実際柔らかくて安心した。
これならセーターにも安心して使えそう。

実際使ってみた。ウールのコート。

f:id:nakenashi_kutage:20170215204349j:plain

左;ブラッシング後  右;ブラッシング前

お分かりいただけるだろうか。
ごわごわした感じが薄れている感じ。目が細かくなって、使用感が少し薄れている感じ。

実物を見るともっとわかりやすいんだけど。
なんていうか綺麗になった。

感動して、そのあと色んな洋服にかけた。
綺麗になる。毛の向きが揃う、ただそれだけの理由かも知れないけど、綺麗になるもんだ。
はっきりと、だいぶ変わるって感じでは無いけど、地味に綺麗になる感じだけど、それでもちょっと嬉しかった。

個人的に思ったことは、上の写真のウールのコートなら、もう少し固めの馬毛or豚毛でよかったんじゃないかなって思った。
それ以外のセーターなら馬毛でいいんじゃないかな、恐らく堅い毛だと引っ掛かってしまうかも、と思ったけどどうなのかな。

ちょっと固めのブラシも欲しくなってしまった、ロフト辺りで見てこよう。そしてコートを着ていって、店頭で試せそうなら試してこよう。

 

 

 

では。

 

 買ったのはこちら。↓

[REDECKER/レデッカー] ハンドブラシ(馬毛)

[REDECKER/レデッカー] ハンドブラシ(馬毛)

 

高いものを買おうか悩んだけど、初めてならこちらでいいか、と思ってコレにした。
なかなか大きいから、コートのような大物もブラシしやすくていい感じだと思ってる。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

最近の捨て また捨ててみた

まだまだ寒さが厳しい日が続いているけども、もうチューリップの季節が来たようだ。

スーパーで安く売られていたから買ってきた。

f:id:nakenashi_kutage:20170213210631j:plain

生花があるだけで、部屋の雰囲気が変わる気がする。
素敵だねぇ。

こんな花瓶を持ってる辺りがミニマリストじゃないかもしれないけど。

この花瓶は仲良くしてもらっているブロガーさんからもらった物。
頂いたのはもうずっと前になるような気がする。

とても大切に使い続けています、この場をお借りして、ありがとう~。

 

 

 

さてさて、また物を捨てたので、本日もそのご紹介。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170213211034j:plain

 

お皿:今の同居人が昔別々に暮らしていた頃にくれたもの。同居人のおじいちゃんの家の蔵から出てきた、年代物らしい(?うろ覚え)。貰った当時はお皿をあんまり持っていなくて、必要にだったから貰った。今は少しずつ自分の好きなお皿を(ちょっとだけ高いもの)集められているから、捨てようと思う。
同居人に申し訳なさそうに「捨てていいかい?」と聞いたら、「うん、むしろ何故捨てないのかと思っていたから。いいよ」と言ってもらえた。

 

アイシャドウ:無事使いきったので捨てる。

 

セーター:とにかく着こごちが悪い。奇跡みたく悪い。
この服を作った人は、「服=身に着けるもの」っていう意識無いんじゃないかって言うくらい酷い。何を思ってこんなに伸縮性のない生地で服を作ろうとしたのか。小一時時間詰め寄りたい。

ネットで買ったものだから、現物を見れなかった。店側のミス以外は返品NGのサイトだった。
安いと思って買ったけど、黒を一回着て、ピンクは一度も着ないまま捨てることにした。
プチプラお洒落ブロガーさんがアフェリエイトかなんかわからないけど、がんがんお勧めしている&身に着けているネットショップさんでの購入だったから、油断した。
この商品の名前の一部に「カシミアタッチ」ってあったんだけど、全然カシミヤじゃない。
この名前付けた人に「カシミヤって知ってる?」ってきいてみたい。
もうね、現物の、パッと見で、いちミクロもカシミヤじゃない感じ。
ただの化繊だよ、しかも質がけっこう悪いほう!(怒)

ネットショップはやはり値段なりだなぁ、こういう失敗は何度もしてるんだけど、久々にしてしまった。大抵返品できるから、それで油断していたとこもあった。
2つとも半額で買ったから良かったものの、定価だったらなかなか捨てれなかっただろうな~、とも思った。

勉強代としてお支払いして、この件はもう良しとしよう。

 

さてさて、前回の記事でセーターの数が多いわりに着ていくモノが無いとぽろっと書いた。

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

それでおかしいと思って今回見直して、捨てる気持ちになった。
だから何を言いたいのかというと、ブログやってて良かったなって。

まだちょこちょこ捨てているので、また纏めたいなと思ったところで今日の記事は終わり。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

 

 

最近の捨て

最近ちょこっと捨てたモノがあるので今日はそのお話。

 

ニット、2枚。
2枚ともユニクロで買ったもの。

「手持ちの服が黒い色ばかりだから、たまには明るい色のものを」と思って買った、くすんだベージュみたいなリブタートルネックのニット。去年から手放そうかと悩んだいたけど、今年の今の時点で結局着なかったし、今後も着ることはなさそう。

もう一枚は薄手の黒いUネックニット。存在を忘れた頃に、引き出しの奥から出てきて「着るかも?」と思ったけど、なんとなくくたびれていて、着る気持ちになれなかった。
両方ともユニクロの回収ボックスに入れてきた。

前回服の数を数えたときはニットは14枚あった。

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

だから今は12枚か。
おかしいな、ニット無いな~ていつも朝思ってるんだけどなぁ。

あと靴。

ZARAで買った激しめの靴。

f:id:nakenashi_kutage:20170209224949j:plain

けっこう履いたこともあったけど、あんまり似合わなくなってきたから、捨てることにした。
だけども、この靴を捨てるのは長いこと悩んだ。このデザイン、また欲しくなってしまったら、似ているの探すの大変だろうなぁ、なんて思って、なかなか踏ん切りがつかなかった。
ももう2年近く履いていないし、ヒールの低い靴で、コレよりもよく履くものを買ってしまったから、やっぱり手放そうって思って、やっとこさ捨てた。
長かった・・・・・。
今写真見て思うけど、やっぱり履かないだろうな、捨ててよかった。

 



それで、まあ、私は靴が好きだから、靴を結構持っていて、一時期は40足くらい持っていた。
一ヵ月、毎日違う靴を履いても、ローテーションが回らない数なんだから、今落ち着いて考えると凄い数だね。
断捨離を始めた頃も、靴はなかなか捨てれなくて捨てれなくて困っていた。
少しずつ捨てたり、売ったり、友人に譲ったりして(足のサイズがほぼ同じだったKさんには本当に感謝してます。)それで半分の20足くらいまでやっと減った。
これ以上はもう靴は減らせないと思う。
また何か心が変わったりしたら、減ったりするんだろうけど。
(もしくは増えそう)

 

少しずつ減らして、それでも20足くらいはあるけど、その中でも一番、私がとびきりに大好きな靴のご紹介を急にしよう。

f:id:nakenashi_kutage:20170209220821j:plain

まさかのブレブレ。
この写真が気にいったのでそのまま載せたけどブレブレ。一眼レフ難しい。

上のブレブレ写真でも、もしかしたらこのブーツが何かわかる方もいるかもしれない。
これ、Maison Martin Margielaのtabiブーツ。

つま先が足袋みたく分かれてる。

f:id:nakenashi_kutage:20170209221021j:plain

ああ、かわいい。
アップで撮るとよりわかる、細部まで手の込んだ美しさ。

 

ファスナーで閉じるのではなくて、こはぜで留めるのめちゃくちゃ粋。

f:id:nakenashi_kutage:20170209221513j:plain

これで8cmヒール、もうしびれる。


毎日履きたい気持ちだけど、グッと我慢。
去年の春ごろ、念願かなって手に入れて、それから高頻度で履いているけれど、朝、手に取る度に、なんともいえない幸せな気持ちになる。
こんな気持ちになるのなら、もっと早くに手に入れておけばよかった。
まあ、高くて無理だったんだけど。

ミニマリストの人は、「物によって得る幸せよりも、経験によって得る幸せのほうが長持ちする」って思想の方も多いだろう。それは否定しないし、私も同意する。
だけど、こんな例外もありますよ、というちょっとしたお知らせでした。


ちなみにtabiブーツは革製品なのでお手入れすれば長く愛せる、のだけど、お手入れも結構お金かかりますぜ、変形のソールなので。

f:id:nakenashi_kutage:20170209223140j:plain

めちゃくちゃ綺麗に底張りしてもらっているのがお分かり頂けるだろうか。
ユニオンワークス 銀座店でお願いしてる。
一番初めの底張りは伊勢丹新宿でしてもらった。

翌日仕上がりで助かるんだけど、すぐにつま先の先っちょからペラペラ剥がれてしまった。

だから二回目はユニオンワークス銀座店さんにお願いした。
何度か利用しているお店で、値段は高め(でも伊勢丹と同じくらいかな?)、出してから一週間後の出来上がりだから、少し待つ。
仕上がりはいつもとても素晴らしいです。
一万円以下だとカードが使えないので、利用を考えている人はお気をつけを。

なんだか物を捨てた話から、好きな靴の話になってしまった。


でも、私自身はこの記事を書くの、とても幸せな時間だったからいいか。



では。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

2016年買ってよかったものの一つ、スーパーお気に入りのお財布

だんだん自分の所有するモノが少なくなると、手ぶらで出かけたくなるものだ。

手ぶらじゃなくても、持ち歩くモノは薄く、小さく、軽くしたくなる。


昨年、何となくネットをウロウロしていたら、ペーパーウォレットなるものを見つけた。

そのとき自分が使っていたお財布は、使いやすくて、皮もいい感じの色に育ってきたものだったけど、いかんせん分厚くて(だけどやっぱり色々物を入れやすいから使いやすかったけど)、薄っぺらっぽいペーパーウォレットに惹かれた。ペーパーウォレット自体はそんなに高価なものでなかったから買ってみたら、コレがものすごく良い。

だから今日は、私が本当にお気に入りのお財布を紹介しよう。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170205173817j:plain

これ。↑

公式サイトから引用

Lixtick Paper Wallet (ペーパーウォレット)はデュポン社の開発した画期的な特殊紙材を使った財布です。耐久性に優れ、突き刺しに強く、角ばった物や尖った物を入れても破損しにくく穴を開けても強度が落ちないので簡単に破れることもありません。また耐水性にも優れているため、ポケットに入れて汗をかいたり、テーブルの上においていてドリンクをこぼしたり、誤って水の中に落としてしまっても大丈夫です。収納においてもカードやお札などを入れる量に合わせて厚みが変化するので、コンパクトなのに十分な収納力もあります。 

    LIXTICK PAPER WALLET - Diddy by YU NAGABA | LIXTICK

凄く使いやすい!
紙だから薄くて軽くて使いやすい。

f:id:nakenashi_kutage:20170205174231j:plain

開くとこんな感じで、左右にカード入れがある。
ここにクレジットカードやスイカやEdyを重ねてラフに入れている。かれこれ三ヶ月以上使ってるけど、磁気に不具合は出ていない。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170205174358j:plain

上から見るとこんな感じで、お札入れは二つに分かれてる。
私は手前はレシートやら、スーパーのカードやらを入れていて、後ろがお札入れとして使ってる。

紙の柔らかさのおかげで、結構開く。使いやすいの一言。

それで小銭入れはどうしてるのかっていうと、別に持ってる。

f:id:nakenashi_kutage:20170205174710j:plain

右が元々ついていた小銭入れ。かわいいし薄いんだけど、いかんせんコレが、サッと小銭を出せない。私は買い物はほとんどカードor Edyなんだけど、一番使ってるスーパーが、「現金払いで会員は3%オフ」って言うのを常時やっているから、ソコではどうしても現金払いしたい。だから小銭を出しやすそうなコインケースを100均で買ってきた。
そのスーパーさえなければ、付属のコインケース使っていたなぁ。
あ、でもこの100均のコインケース、めちゃくちゃ使いやすいから買ってよかったかな(笑)。

 

横から観たところ。f:id:nakenashi_kutage:20170205175307j:plain

一番下が、今まで使っていたお財布。
結構分厚いね、小銭とか入れてなくて、デフォルトでコレだけ分厚かった。
でも大きなバックの中では、この分厚さゆえすぐに見つかるから、それはそれで楽だったけど。

f:id:nakenashi_kutage:20170205175518j:plain

今は、この上の二つ、ペーパーウォレットと100均のコインケースを使ってる。
分厚さ的には今までのとおんなじくらいになってしまったかな?でもスーパーに行くとき意外は基本ペーパーウォレットだけだし、不満は無い。

あととにかくデザインがかわいくって気にいっている。

昔はお財布は「フェンディ」だの「シャネル」だの「グッチ」を使っていたこともあったけども、そしてそれはとっても素敵だったけど、今のこのお財布はそれに負けないくらいお気に入り。
とにかくかわいくって使いやすいから、お勧めします。

 

いろんなデザインがあるので好きなものを選べるよ。

[rakuten:gameclothing:10011298:detail]

[rakuten:gameclothing:10010268:detail]

今お買い物マラソンやっているから、楽天でもいいけども。

 

私はアマゾンで購入した。

 アマゾンと楽天だと取り扱っているデザインが違うから比べて見るといいかも。 

 

↓本家サイトを一度見てみるのもお勧め。

www.lixtick.com

 この↑の柄にするか、ものすごく悩んだナァ・・・・。

 

 

 

では、また。

 

 -----------追記 -----------

実際使ってみて汚くなってきたので補修をしています。
こちらの記事もどうぞ

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 3

高いコスメも、安いコスメも同じほぼ同じ成分だと話題になった。

 

togetter.com

 

結局は土台が全てっていうところは皆どこかでは知ってて、だけども、例えば、今から私が化粧や服にお金と時間をかけて、さらにジムに行って引き締まった体にしても「絶世の美女」になることは出来ないんだけど、「洗練された人」とかにはなれるわけだ。

ということで、ミニマリストに憧れるくらげは、それなりにこだわって、好きなコスメを手元に残しているんだけど、今日は、また、性懲りも無くコスメを紹介しちゃうんだな。

 

今日はチーク!
(写真ぼけちゃってるけど・・・)

f:id:nakenashi_kutage:20170203212532j:plain

左奥: 20
左手前:BOBBI BROWN チークブラシ
右:BOBBI BROWN Shimmer Brick, Wild Rose

 

THREEのチークは現行使っていなくて、捨てようかなぁと考えているものだから、今日はBOBBIの方をメインに紹介。
開くとこんな感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20170203212536j:plain

シマーブリックは一時期大ブームになったから、名前を聞いただけでどんな商品かすぐにわかる人多いんじゃないかな?この微妙な色が混ざって、いい感じのラメ感も手伝って、頬にのせるとめちゃくちゃ綺麗なんだな。

THREEもかわいいんだ、マットなピンクで。いや、いいんだけど、実際、シマーブリックつけると、よく「肌が綺麗」とか「ツヤ感が綺麗だね」とか老若男女にほめられるもんだから、もうもっぱらBOBBIを使っている。

f:id:nakenashi_kutage:20170203212541j:plain

うん、綺麗なラメだね。

 

これ、チークにしてはお高い値段設定だと思ってる。。

[rakuten:thebeautyclub:10064567:detail]

だいたいチークの値段ってこのくらいってイメージでいるから。↓

 

最近のプチプラコスメはとってもかわいいものがあるのを知っている。お金の無いときは私もキャンメイクのチークを買ったりしていた。

ちなみに巷でプチプラコスメと言われたら、このくらいの値段を指すんだと思ってる↓

冒頭に出てきたトゥギャッターどおりに、高いコスメと安いコスメが9割一緒の成分だとして、それで、なんで私がそれでも結構高い化粧品(今回のチークに限らず今までに紹介してきたファンデとか)を使っているのかというと、それでもそのいわゆる違ってくる一割の差が、「たかが一割、されど一割」って感じで、結構大きな差に思える。
私はお化粧直しなんてしないから、会社のトイレでパッケージを「どやぁ」って出してマウンティングしたりしない。そのために高いコスメを買っているわけじゃない。
絶妙な色や、ちょうど綺麗に見えるラメの量とか、粒子の大きさとか、そういった細かい調整がされている感じがして、ちゃんとデザインされてる。パッケージだけでなくそのコスメの色そのものが。

 

ちなみにデパートコスメ(デパートで売っているブランドコスメ)はカウンターに行ってBAさんにお願いすれば、色んな色を試してもらえるし、アイシャドウや肌の色に合わせてお勧めの色を教えてもらえる。その分が値段にのっているから高いわけだ。
だからデパートコスメ買うなら、ネットで買わずにカウンターへ行くのがいいんじゃないかって、せせこましい考えをしている。単純に、私は綺麗になって皆にちやほやされたいから、BAさんのアドバイスを聞きたいだけだけど。


ああ、THREEのチーク捨てようかな?
なんかもう使い始めてから一年以上たってるような気がするし。。。



ミニマリストへの道は遠い。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 2

綺麗になりたい、そんな女の子の欲望は、全然断捨離できないくらげです。

ちなみにもう結婚していてもいい年なんですが、全然そんな気配がないというのをまずお伝えしたい。

さて、前回の記事でくどくどコスメのミニマム化とそれをするのは結構女性からしたら大変なんだよ、という言い訳がましいことを書いたような気がしている。
そんな流れで今日は下記記事の紹介を。

anond.hatelabo.jp

 

顔面ボーナスという言葉がどのくらい世に広まっているのかはわからないけど、言い得て妙な表現だな、と思う。女性でもわかる(もしくは女だからわかるのか)、とにかく顔のいい女は得をする。
だからやっぱり美容にお金をかけてもいいのかもしれない、もし研究者になりたいとか、そういったやたら時間を必要とする夢が無い限り、とりあえず中身なんかより、見た目を最初にみがいたほうが得をする。異論は認める。

上記の記事は結局、顔面ボーナスで得して努力してこなかった女より、中身がある女のほうがいいというお話だ。だけど、まず美人で無ければ近づこうともされない。美人は色んなヤバイヤツにお近づきになりたいと思われるから(ボーナスにより起こることはいいことばかりではない)そんな皆にニコニコしない。もしそんなことしたら他の女から叩かれる。さらに、本人が仲良くなりたいと思う人と仲良くすれば言い訳で、勝手に話しかけてきた人と仲良くする必要は無い。まぁ、なんだ、ひがみくさい記事だとは思う。だけど、そう考えてしまう理由はわかる。見た目が原因で生まれるコンプレックスは多いだろうから。特に学生時代。私もそうだから。

 

必然か、どうかわからないけど、女性は化粧をする。ある程度は社会に出たら、マナーだとして、化粧をすることを求められることも多かろう。
私は化粧が好きだから問題ないけど、嫌いな人からしたら苦痛でしょうがないともう。
例え仕事を頑張っていても、ウェイウェイ系の営業から「でもあいつブスだからさぁ~」と言われることもあるだろう、そのくらいよく分からない男性もいる。※女性もいる。

私は着ている服や体系や仕草からか(つまり顔じゃない)男性に甘やかされることが多い。じゃあ、私が幸せかと言ったらそうじゃない。多くの場合甘やかされない女性からは、ネチネチ嫌味を言われる。だいたいそういう嫌味の主語は「わたし」ではなく、「常識的にいえば」とか「みんな」だったりする。

ビクトリアシークレットのモデルくらい美人だったら、また違ってとても幸せなのかな?と思ってネットをうろうろしてたら、この動画を見つけた。


【TED】ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて/キャメロン・ラッセル(日本語字幕)

 キャメロン・ラッセルは自身が「遺伝子の宝くじ」に当たったと認めている。
で、得をしているのですが、下記のようなことを語っています。

 

 「私は運が良かったからこんなに得をした」

その一方こう付け足すのは簡単な事ではないのです。

「だからといっていつも幸せなわけではないの」

 

まあ、見た目によって人からの評価は変わるだろうケド、それは幸せを決定付ける絶対的な要因ではないんだろうね。いくつかあるうちの一つにはなりえるかも知れないけれど。

 

と、またクドクド書いてしまった。
結局何を言いたいかというと、まぁ、コスメの紹介しますよっていう。
したいよ、っていう。

今日のアイテムは、眉毛を染めるものです。

眉毛の整え方の一つの方法として、抜いたり、カットしたりではなく染めるやつを。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230909j:plain

 昔は眉マスカラを使って髪の毛の色に合わせた眉の色にしていたんだけど、やっぱり男性(もしくは化粧にこだわりの無い女性)から見ると、眉にマスカラ塗ってるのって不自然らしくて「くらげさんは、眉毛に何か塗ってるの?」と聞かれたことがある。

こちとら髪の毛と眉毛の色を合わせて自然に見えるようにしているのに、それがかえって不自然に見えてたなんて本末転倒である。
それで眉を脱色するアイテムを買って使用し続けてるんだけど、コレがとてもよい。

上の箱のものを使っている。
開くとこんな感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230918j:plain

中身を出す。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230922j:plain

左から説明書と箱/クリーム/粉/クリームと粉を混ぜるための台紙とスパチュラ

結構こじんまりしてる。
クリームと粉を2:1の割合で混ぜ合わす。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230925j:plain

よくまざったら眉毛に乗せて何分か待つ。
私は髪の色によって変えてるけど10分~15分。
(時間が長いほど色が明るくなる)
あとは水に流して終わり、私は大抵お風呂に入る前にやるから、その後洗顔してます。

こうやって眉毛を染めて、便利だな、と思うのが

  1. 眉マスカラを毎朝つけなくてよい(時短)
  2. 眉マスカラをそもそも買わなくてよい(節約)
  3. 眉マスカラより自然
  4. 3Wに1度くらいやればいいので楽

ということ。

自然だし楽だし、眉の色を明るくするだけでグッと垢抜けるのでお勧めします。

 

では、また。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 1

ミニマリストになりたいくらげです、こんばんは。


ミニマリストの本を読んでいて思うのは、男性だから成り立つことが多そうだな、ということ。
シャンプーやコンディショナーを使わなくていいってのは髪の毛が女性に比べ短いからだし、
下着もブラジャーが無いからすっきり収納できるし、
洗顔料やメイク落としもいらない。
なによりメイク道具を持たなくても良い。
それに比べたら女性はモノが多くなってしまうよね。

 

以下は意識の高いミニマリストが言いそうなことである。

「くらげさん、メイクは本当に必要ですか?」
「今までしてきたから、という常識にとらわれていませんか?」
「無理せずにありのままの自分自身でいいのでは?」

 

こう聞かれたら私は言う、「いや、必要だよ。」


悲しいけども、女性は見た目の良し悪しでかなり人生変わるだろう。

 

下記のニャートさんの記事がとても面白かった。
トイアンナさんのブログも面白いので読んで欲しい。

nyaaat.hatenablog.com

 

今の私は息してるだけで月6万かかる女ではないけど、断捨離する前は、このくらいかかっていたかも。脱毛は済んでいるからこんなにかからないけど。

あとコスメ・メイク好きです。
これに尽きると思うんだけど、メイクってめんどくさい、でも結局好きっていう。
趣味なんだね。
月6万かけてる女子なら必然でやってるんじゃなくて趣味だろうね。

必然でかかる分もあるだろうけど。

高い化粧品を使っても美人になれるわけじゃないし、沢山メイク道具持ってるから美人って訳でもないんだけど。でもどうしても欲しくなっちゃう。売り方上手いよねぇ。
結局顔が、もともとの顔が全てっていうの、知ってるんだけどね、少しでも綺麗になれたらなって、そう思っていろいろ試したくなっちゃうよね。

 

 

長くなったけど、色々学んできた私の現状のコスメ状況をどうぞ。 

f:id:nakenashi_kutage:20170118172805j:plain

 IKEAのワゴンみたいなヤツの一番上に適当に置いてる。
コスメってブランドごと、アイテムごとにデザインが変わるから収納が難しい。
昔はリップを立てとくケースとか無印良品のアクリルケースとかで細かく分けていた。

少しずつ減らして、本当に使うものばかりにしていったら、そういった収納ケースが要らなくなった。
だからとても今は楽チン。

 

コスメが好きなので、少しずつ紹介しようと思っていて、今日はファンデーション。

f:id:nakenashi_kutage:20170118172809j:plain

左:ポール&ジョー 下地    右:ボビィブラウン ファンデーション

この下地はDIORとか、IPSAに浮気しながらやっぱり戻ってきちゃうアイテム。
自然なラメが肌の粗を飛ばしてくれるのと保湿効果があるので使いやすい。
因みに母も同じものをつかっているんだけど、自分が使ってると思われるのが恥ずかしいらしくて、「娘に頼まれてきた」感をかもし出して買っているらしい。
なんか酷い娘だな・・・・。違うよ!実際は母、本人が使っているよ!
これをつけると肌が本当に綺麗に見えるのでおすすめ。

 

BOBBIのファンデは漢方入りのもの。
薄くつけるのがお気に入り。伸びが良いし、長時間塗っていても嫌な感じがしない。
肌の色のムラや毛穴を自然に隠してくれるし、適度なツヤ感もお気に入り。

f:id:nakenashi_kutage:20170118172813j:plain

ただ、スポイトで出すタイプだから、ものすごく使いにくい。
PAULの下地のようにポンプ風にして欲しいとは思う。
上の写真位に口が汚くなっちゃう。。。。マメに拭けばいいんだけどね。そこはサボるよね。
たまには拭いてるよ!!


ということで今日は終わり。
何が言いたいのか良くまとまらない記事になってしまった。
ただ、私がコスメ好きなのでなんだかんだ言って紹介したいだけでした。

では。

 

 

楽天で買うと割高だけど、コスメを置いてるワゴンはこのシリーズ。
この画像だとわからないけど、私の色は廃盤になってマットのブラックが新しく出たようなので、
下のものは、新しいほうかも。

[rakuten:mofmofuonlinestore:10002422:detail]

↓ お気に入りの下地。冬は乾燥するので保湿効果の高いこちらを。

[rakuten:retailer:10028068:detail]

↓ 夏はこちらの紫外線対策がしっかりされているほうを。

[rakuten:retailer:10032062:detail]

↓ BOBBIのファンデ。2回目のリピートをしているけど、次は違うものにするかも。少し飽きてきてしまった。
 Diorかサンローランあたりにしてみようかな?

[rakuten:cosmesalon-r:10001445:detail]



 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ